現在の場所

第23話 歴史と自然の宝庫「三草山」

更新日:2014年5月1日


御仏(みほとけ)が人々を救うため三本の薬草を持って現れたという三草山。この山は、阿古谷地区と能勢町長谷にまたがり、美しい雑木林を持ち、動植物の豊かな自然に恵まれています。また、様々な伝承にも包まれています。
元暦元年(1184)2月4日、源義経が一の谷への途中で「三草勢ぞろい」をした三草山は、通説では社町にある三草山とされています。しかし、清和源氏発祥の地、摂津国多田庄にあり、「平家物語」中の情景や、能勢町平通(ひらどおり)の地名は平家の通過によるものとの伝承などから、猪名川町の三草山であるという説もあります。
天正14年(1586)には多田院御家人筆頭の塩川氏と、能勢氏との最終決戦の舞台の一つとなり、4月17日の三草山方面戦では双方の戦死者百余人、負傷者約二百人が出ました。10月の戦いに続く12月には、豊 臣秀吉の命令もあって塩川氏は落城、共に戦った多田院御家人達も知行地(ちぎょうち)を失ったのです。(写真:三草山) 

(写真)三草山

お問い合わせ

教育委員会 教育振興課 社会教育室
業務時間:午前8時45分~午後5時30分
〒666-0292
兵庫県川辺郡猪名川町上野字北畑11-1
電話:072-767-2600
ファックス:072-766-8904
メールフォーム
いながわ歴史ウォーク

ライフステージで探す

  • 住宅・引越
  • 結婚・離婚
  • 就職・退職
  • 出産・育児
  • 入園・入学
  • 生涯学習
  • 高齢者・介護
  • おくやみ