現在の場所

第64話 北摂バスと篠山街道

更新日:2014年5月1日

大正10年7月、中谷村や六瀬村などの村人12人が発起人となり、広根に本社を置く北摂自動車株式会社が、資本金5万円で設立されました。池田駅から杉生間の乗客・貨物を輸送する計画で、6人乗り幌型車両3台が準備され、同年8月、島から小戸(川西市)間の運行が始まり北摂バスと呼ばれました。大正12年には株主数311人の中で一株株主が140人という、まさに村人達に維持された村人のための近代的交通機関でした。のちに合併を重ね、昭和22年阪急バスに統合されました。
明治40年の篠山歩兵第70連隊設置により、伊丹市の大阪第4師団とを結ぶ篠山街道は改修が進み、屏風岩の上を通っていた道も崖下に移設され、新道ができました。しかし、増水時に通行できなくなることが再三あったため、昭和の初めに車が通れなかった屏風岩横の板橋を架けかえ、バスやトラックが通行できる道にしました。当時の六瀬村道路元標が木津橋北に、中谷村道路元標は広根警察署跡近くに残されています。(写真:中谷村道路元標・広根地区)

《読み方、注》
幌型=ほろがた、一株株主=ひとかぶかぶぬし、屏風岩道=びょうぶいわみち、崖下=がけした、新道=しんみち、道路元標=どうろげんぴょう

(写真)中谷村道路元標・広根地区

お問い合わせ

教育委員会 教育振興課 社会教育室
業務時間:午前8時45分~午後5時30分
〒666-0292
兵庫県川辺郡猪名川町上野字北畑11-1
電話:072-767-2600
ファックス:072-766-8904
メールフォーム
いながわ歴史ウォーク

ライフステージで探す

  • 住宅・引越
  • 結婚・離婚
  • 就職・退職
  • 出産・育児
  • 入園・入学
  • 生涯学習
  • 高齢者・介護
  • おくやみ