現在の場所

水道料金はどうやって算定されているの?

上下水道料金は、水道メーター検針によって確定した使用水量に基づいて算定します。

そこでまずは、水道メーター検針はどのように行っているのかについてご説明します。

水道メーター検針ってどうやっているの?

猪名川町では、2か月に一度(奇数月の上旬)、各ご家庭に設置された水道メーター(量水器)の指示数を各地区担当の検針員が確認しています。

水道メーターは、メーターボックスの中にあります。(メーターボックスは各ご家庭の駐車スペースに設置されている事が多いです)メーターボックスの蓋を開け、さらにメーター自体に付いている蓋を開けると、下の写真のように数字(指示数)が読めるようになっています。

例えば、前回3月に検針して、今回5月の検針で下の写真のように数字が増えたとします。この増えた数字が2か月分の水道の使用水量となります。

量水器

(左の写真)前回3月の指示数60.5立方メートル

(右の写真)今回5月の指示数91.5立方メートル

この写真の場合、2か月で31立方メートル(今回指示数91-前回指示数60=31)の使用があったことが分かります。

(注)メーター検針では、小数点以下は切り捨てて計算します。

 

【メーター検針にあたっての上下水道課からのお願い】

・検針しやすいようにメーターボックスの周りや蓋の上には物を置かないようにしてください。

・犬などのペットは、出入口やメーターボックスから離れた場所につないでください。

・上下水道使用水量・料金等のお知らせ票を確実に配布するため、表札等を掲示してください。

料金の算定について

続いて、メーター検針で確定した2か月の使用水量に基づき、どのように料金を算定しているかについてご説明します。

上記の例では、2か月分の使用水量は31立方メートルと確定しました。猪名川町では、メーター検針は2か月に一度(奇数月)に行っていますが、料金の請求は毎月行っております。ひと月当りの料金は、メーター検針によって確定した使用水量を二等分し算定しています。上記の例の場合、今回(5月)の検針によって4月分と5月分の2か月分の料金が確定することになります。

 

【ひと月当りの使用水量の算出】

5月の検針で2か月分の使用水量が31立方メートルと確定したので、

ひと月あたりの水量:31÷2=15.5立方メートル/月

15.5立方メートル/月となりますが、余りが出た場合は偶数月に加算しますので、

偶数月(4月分):16立方メートル

奇数月(5月分):15立方メートル

となります。この使用水量を基に各月の請求額を算定します。

 

水道料金の算定

水道料金は、基本料金(5立方メートルまで)は700円(税抜)で、使用水量が5立方メートルを超えると「従量制」となり、10立方メートルまでが140円(税抜)/立方メートル、20立方メートルまでが150円(税抜)/立方メートルのように、使用水量に応じて従量料金が加算されることになります。

従量料金の詳細は、『上下水道料金の計算方法と早見表』をご覧ください。

なお、使用水量が5立方メートル未満であっても、基本料金は課金されます。

 

16立方メートルを使用した場合の水道料金(メーター口径13・20ミリメートルの場合)

水道料金算定式

 

下水道使用料の算定

水道を使っている家庭では、水道の使用水量がそのまま下水道の使用量となります。

※井戸水を使用している家庭では、下水道の使用量の算出方法が異なります。詳しくは「井戸を使用されている方の下水道使用量の算定方法 (PDF:235.2KB)」をご覧ください。

今回は、井戸水を使用してないと想定して下水道使用料を算定します。

下水道使用料は、基本料金(10立方メートルまで)は700円(税抜)で、使用量が10立方メートルを超えると「従量制」となり、20立方メートルまでが110円(税抜)/立方メートル、30立方メートルまでが140円(税抜)/立方メートルのように、使用量に応じて従量料金が加算されることになります。なお、使用量が10立方メートル未満であっても、基本料金は課金されます。

 

16立方メートルを使用した場合の下水道使用料

下水道使用料算定式

 

 

上下水道あわせた偶数月(4月)の請求額は

 

上下水道料金合計

 

上下水道料金早見表(メーター口径13・20ミリメートル)で例示使用水量を確認してみると、

上下水道料金早見表

計算した結果と同額であることが分かります。

上下水道料金早見表(メーター口径13・20mm1か月) (PDF:621.5KB)

 

2か月に一度のメーター検針なのに請求は1か月ごとになるのはどうして?

2か月分の料金を一括で請求させていただいてもよいのですが、そのようにすると上下水道の使用料金の算定が「従量制(使用量に応じて課金)」となっているため、1回の請求ではご負担いただく金額が高くなってしまいます。

1か月毎と2か月毎の請求による差額はいくら?

ここで、先ほどの例示を用いて差額を算出してみます。メーター検針(5月)により2か月の使用水量が31立方メートルと確定した場合、

【1か月毎】

一か月毎の請求

【2か月毎】

『上下水道料金早見表』を見ると、31立方メートルの上下水道料金は「9,119円(税込)」であることが分かります。

【差額】

料金差額

2か月分の料金を一括で請求した場合、「1,353円(税込)」みなさまの負担が増えることになります。

そこで猪名川町では、一般的なご家庭であれば、毎月の使用水量は大きく変動することはないものとし、2か月分を二等分し、それぞれ1か月分としてみなさまに請求しています。

 

 

関連情報

猪名川町水道事業給水条例

猪名川町下水道条例

上下水道料金の計算方法と早見表(税率10%)

上下水道料金早見表(メーター口径13・20mm1か月) (PDF:621.5KB)

※25ミリメートル以上のメーター口径については、上下水道料金早見表には記載しておりませんので、お手数ですが猪名川町水道事業給水条例第28条の算定表から計算していただきますようお願いします。

 

お問い合わせ

まちづくり部 上下水道課
業務時間:午前8時45分~午後5時30分
〒666-0292
兵庫県川辺郡猪名川町上野字北畑11-1
電話:072-766-8716
ファックス:072-766-7765
メールフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

上下水道

ライフステージで探す

  • 住宅・引越
  • 結婚・離婚
  • 就職・退職
  • 出産・育児
  • 入園・入学
  • 生涯学習
  • 高齢者・介護
  • おくやみ