現在の場所

熱中症から身を守ろう!

 今年の夏は、猛暑が続き日々最高気温を更新し、全国的にも熱中症による救急搬送が急増しています。
 こまめに水分補給するなど、熱中症にならないよう気をつけましょう。また、高齢者や子どもの熱中症は周りの人が常に気配りをしましょう。
 夏バテになりやすい時期ですが、バランスのよい食事と十分な睡眠をとるなど、規則正しい生活習慣を身につけながら、家族みんなで熱中症を予防し、元気で楽しく夏を過ごしましょう。

熱中症とは?

 暑いところで運動や作業などを行うと、筋肉では多量の代謝熱が生み出され、それを体外へ拡散して体温上昇を防ぐため、皮膚表面の血流が増加し、汗をかきます。その状態が続くと、体内の水分と同時に塩分がどんどん失われ、体温調節機能が働かなくなり、脳への血流が滞るなどして起こるのが熱中症です。

熱中症の症状は?

 熱中症の症状は、重症度別に1.度から3.度までに分類され、適切な手当てをしないと症状が進みます。
1度(現場での応急処置で対応できる軽症)=筋肉のけいれん、こむらかえり、めまい、立ちくらみ、失神、大量の発汗などの症状
2度(病院への搬送を必要とする中等症)=吐き気、頭痛、おう吐、倦怠感・虚脱感(体がぐったりする、力が入らない)などの症状
3度(入院して集中治療の必要性のある重症)=高体温(体に触ると熱いという感触)、意識障害(呼びかけや刺激への反応がおかしい)、けいれん(体にがくがくとひきつけがある)、手足の運動障害(歩けないなど)などの症状

予防するには?

  1. 急に暑くなったときや暑さに体が慣れるまでは、長時間の激しい運動は避け、徐々に体を慣らしていく
  2. 運動前に水分を取り、運動中も休憩と水分補給をこまめに行う
  3. 日常生活でも涼しい服装で、屋外では帽子や日傘などを利用し、のどが渇く前に少しずつ水分補給を心がける

熱中症の手当ては?

涼しい場所に避難する

 風通しのよい日陰やクーラーが効いている室内などに避難させ、足を高くして休む。スポーツドリンクなどで水分と塩分を補給する

体温を冷やす

 衣服を脱がせて、体から熱の放散を助ける。露出させた皮膚に水をかけ、うちわや扇風機などで体を冷やす。氷などでわきの下や足の付け根などを冷やす

救急車で医療機関に搬送する

 意識があっても、少しでもおかしいと感じたら迷わずに救急車を呼ぶ。意識障害の場合、気道に入る恐れがあるので水分を与えず、救急車が来るまで冷やし続ける

環境省リーフレット「熱中症~ご存じですか?予防・対処法~」(PDF:2.4MB)

環境省リーフレット「熱中症~思い当たることはありませんか?~」(PDF:1.2MB)

Download「SummerInJapanIsHotAndHumid!」(PDF:1.5MB)

環境省ホームページ「熱中症予防情報サイト」

お問い合わせ

生活部 住民保険課 健康づくり室
業務時間:午前8時45分~午後5時30分
〒666-0233
兵庫県川辺郡猪名川町紫合字北裏763
電話:072-766-1000
ファックス:072-766-4414
メールフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。