現在の場所

有害鳥獣

平成29年7月11日(火曜日)から同年7月12日(水曜日)にかけて、紫合区および原地区、差組地区でクマの目撃情報がありました。目撃情報でありクマと断定ではありませんが、深夜および早朝の外出は極力お控えいただき、外出される場合は周囲によく注意してください。

 

(注意事項)

1.山や集落内での注意事項

  • 音の出るものを身につける(クマに人の存在を知らせる)
  • 周囲の状況に気を払う
  • 山野にゴミを捨てない(クマを執着させない)
  • 収集日の前日にゴミステーションにゴミを置かない

 

2.それでも出会ってしまったときの注意事項

  • クマを驚かせない。
  • クマに背を向けずに後ずさりしながら静かにその場を離れる

 

3.その他の注意事項

  • クマは臭覚、聴覚が特に発達している
  • 大柄で鈍そうに見えるが、山の中では人間より俊敏
  • 雑食性で、鋭い爪を持ち木に登れる
  • 夜明け前、夕暮れ時など薄暗い時間帯に行動することが多い
  • 行動範囲が広いため(30キロメートル前後)目撃された場所以外でも出没の可能性がある

 

4.通報について

もし、クマを目撃されたら、すぐに町役場産業観光課まで通報してください。(072-766-8709)

(目撃場所・時間・頭数・大きさ・クマの特徴・行動・クマとの距離や状況など)なお、通報の際には、職員に氏名、連絡先を伝えるようにしてください。

 

【クマ】被害にあわないために(PDF:176.4KB)

森林動物研究センター

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。