現在の場所

平成28年度地域リーダー養成研修「まちづくりカフェ」を開催しました!

平成29年1月21日(土曜日)午前10時より中央公民館 視聴覚ホールにて、地域リーダー養成研修「まちづくりカフェ」を開催しました。
「地域リーダー養成研修」は平成25年度から実施しているもので、まちづくりに主体的に関わり地域活動の担い手となっていただく方の養成を目的としています。
今回の研修は、地域活動を行っている方や興味・関心のある方を対象に、地域活動をする上で行きづまっていることや、今抱えている悩みをざっくばらんに語り合う意見交換会「まちづくりカフェ」として開催しました。
当日は、地域の各団体や個人の方々など総勢28名の方にお集まりいただき、近畿大学総合社会学部教授 久 隆浩氏を講師に迎え、事前に提案のあった2つのテーマに沿って意見交換を行いました。

テーマ1「高齢化が進む地域に若い世代を引き寄せる方法について」

テーマ1「高齢化が進む地域に若い世代を引き寄せる方法について」では、以下のような意見が出ました。
・親子で参加できる野菜づくりのイベントを企画する。
・福祉制度が充実し、安心して住むことができるまちづくりを目指す。
・娯楽施設(スーパー銭湯、カラオケボックス、インターネットカフェ等)をつくる。→新たな雇用の創出にもつながる。
・空き家を有効活用したイベントを開催する。

 

 

また、参加者の意見を受けて、近畿大学総合社会学部教授 久 隆浩氏より以下のコメントをいただきました。

買い物をする時と同じように、「ここにしかない魅力」を持っていれば人々を呼び込むことができる。他府県の高校では、全国から受験することを可能とした事例がある。また、廃校寸前の小学校では、市全域からの通学を受け入れ、その地域への移住を促進したという事例もある。
コミュニティに魅力があれば若い世代を引き寄せることが可能である。また、コミュニティが新しい人を受け入れられるかどうかが課題となっている場合が多い。

テーマ2「各団体等が連携する方法について」

テーマ2「各団体等が連携する方法について」では、以下のような意見が出ました。
・各団体の活動情報を掲載したコミュニティ情報誌を作成する。
・SNSや口コミをうまく利用してイベントを発信する。
・広報誌や広報板に団体の活動状況を掲載する。

 

 

また、参加者の意見を受けて、近畿大学総合社会学部教授 久 隆浩氏より以下のコメントをいただきました。

組織同士のつながりより、人同士のつながりを作ることがポイントである。肩書きよりも、その人がどういった人なのかを知ることが重要であると言える。ざっくばらんに話し合える場で相手の知らなかった一面を知ることができる。
自分の団体に参加してくれる人を待つだけではなく、他の団体へも自ら足を運んでいくことが重要である。

久氏より研修のまとめ

講師の久先生から、研修のまとめとして以下のお話をいただきました。

「会話」、「対話」、「議論」は似たような言葉であるが、以下のように位置づけられる。
「会話」→何気ない話
「対話」→気づきあっていくことを目的としている。答えを出すのではなく、お互いの理解を深めていくことが重要である。
「議論」→何が正しいか正しくないかを話し合い、1つにまとめて答えを出すもの。
本日の集まりは「対話」であり、一番重要である。対話の場所をたくさん作っていくべきである。

研修参加者からの声

研修を終え、参加者からは、「世代を超えていろいろな話ができ、自分のやりたいことだけではなくそれ以外のことにも飛び込んでいく勇気が出た。」「普段出会えないであろう、各種活動をしている人と話せた。」「今まで出会えなかった人や情報に出会えた。」など、前向きな感想を数多くいただきました。

 

今回の研修の中で、いろいろな方と意見交換をしていただき、たくさんの「気づき」や「ヒント」を発見していただくことができたら幸いに思います。
また、今回の研修が参加者のみなさまにとって「つながりづくりの場」となり、新たな地域活動のきっかけとなることを期待しております。

お問い合わせ

地域振興部 参画協働課
業務時間:午前8時45分~午後5時30分
〒666-0292
兵庫県川辺郡猪名川町上野字北畑11-1
電話:072-766-8783
ファックス:072-766-8893
メールフォーム