現在の場所

日々出しているごみの行方や処理方法などについて視察しました

平成27年1月28日(水曜日)、猪名川町環境衛生推進協議会(衛生委員が会員)では、国崎クリーンセンター(環境楽習館ゆめほたる、川西市内)と京エコロジーセンター(京都市伏見区)の施設を見学し、日々出しているごみの行方や処理方法、暮らし方の見直しなどについて思索を深めました。

<国崎クリーンセンターでの視察の様子> 猪名川町のごみのゆくえや処理の様子等について、DVDの視聴や、センター職員から13の処理施設に分かれて行われている作業内容等の説明を受け、知識を深めました。

13の処理施設に分かれて行われている作業内容等を視察

模型で発電の仕組みを確認

工作教室で作られた作品を鑑賞

 

<京エコロジーセンターでの視察の様子> 地球温暖化・ごみ問題・暮らしのエコ等について、ボランティアによる説明を受けながら館内展示物を見学し、知識を深めました。現在の日本人の暮らし方を全世界の人々がした場合、地球が2個半必要とのことでした。

環境負荷について再認識

1日に使用する水の量を再確認

多くの費用をかけてごみを処理

家庭からのCO2排出量

お問い合わせ

地域振興部 農業環境課 クリーンセンター
業務時間:午前8時45分~午後5時30分
〒666-0222
兵庫県川辺郡猪名川町槻並字姫ヶ尾2-4
電話:072-768-0818
ファックス:072-768-0092
メールフォーム