現在の場所

平成25年 町長メッセージ

平成25年11月18日

平成25年10月22日猪名川町長選挙が告知され、不肖私が立候補を決意し、住民の皆様の審判を仰ぐべく、当日17時まで選挙活動致しましたが、ほかに立候補者が無く、無投票による2期目の当選が確定しました。

 本日、11月18日から2期目の仕事が始まりました。

 私は、1期目の4年間“小さくても輝くふるさと猪名川町”を目指して住民の皆様と共に歩んでまいりました。

 2期目は、少子高齢の進展などにより人口減少社会に入りましたが、これからの猪名川町を活性化させるためのまちづくりを全力で取り組んでまいる所存でございます。

 寒さも厳しくなってきましたが、風邪などをひかれないように充分に気をつけられお過ごしください。

(イラスト)町長署名

平成25年10月1日

 今日から10月に入りました。まだ残暑が少し残りますが、とても気持ちのいい秋空の毎日ですね。

 田んぼでは、黄金色の稲に代わり白く可憐な蕎麦の花が一面を覆っています。この頃は、稲刈りの時期が早くなり秋の風物詩が昔と変わってきましたが、農家の皆様はホッとされているでしょうね。

 各中学校や小学校の運動会も終わり、これからは各地域や幼稚園・保育園での運動会があります。10月14日の体育の日には、スポーツセンターにおいて第18回いながわスポーツ祭もございます。皆様も参加されてはいかがですか。

 今年は、オーストラリア国ビクトリア州バララット市との姉妹提携25周年の記念の年です。遠くの国ではありますが、25年間民間交流も活発に行われ、とても良好な姉妹提携が続いています。今回は猪名川町に公式訪問団が10月31日から11月4日まで5日間来町され、記念式典などが予定されています。11月3日の‟いながわまつり”でも、皆様と交流する機会もあると思いますので、ぜひ積極的に話しかけてみてください。

猪名川町島地区のそば畑

平成25年9月6日

 夏休みも終わり、子どもたちの元気に登校する姿が見受けられます。

 今年の夏は、例年にも増し、大変暑かったですが、皆様方の体調はいかがだったでしょうか。

 9月1日は、防災の日でありました。それに合わすように台風の襲来や局地的な豪雨により、兵庫県内でも災害が起きています。

 今のところ幸いにも猪名川町では、災害もなく、ほっとしておりますが、災害はいつやってくるかわかりません。そのため今年は、防災マップの全面的な見直しや、防災無線の設置に向けた取り組みを行っております。一日でも早くそれらの取組みをし、住民の皆様が安全で安心な生活が送れるように頑張りたいと思います。

 また、敬老の日を前に、今年100歳を迎えた3名の方をお祝いしてまいりました。”健康長寿のまちいながわ”で、いつまでもお元気でお過ごしいただきたいと思います。

 秋は気候も良く、学校の運動会やご家族そろって行楽の季節です。町の広報誌やホームページでも、様々なイベントを紹介しております。ぜひ、ご参加ください。

(写真)平成25年で100歳を迎えた小倉 春様

小倉 春様(伏見台)

(写真)平成25年で100歳を迎えた前西はるゑ様

前西 はるゑ様(北田原)

(写真)平成25年で100歳を迎えた鳥山あさゑ様

鳥山 あさゑ様(紫合)

平成25年8月6日

 天候が不安定で、毎日暑い日が続いています。皆様におかれましては、元気にお過ごしでしょうか。

 さて、7月31日に子ども議会が開催されました。子ども議員からは、様々な観点から、日頃自分たちの住んでいる猪名川町のことをどのように考え、そして住みよい町になるよう意見や希望を熱く伝えていただきました。「小さくても輝くまち」をめざして、共に考えるよい機会となりました。

 今月1日から10日まで『夏の交通事故防止運動』が展開されています。子どもたちも夏休みで、遊びや宿題に忙しく、また家族でふるさとに帰省される方もおられることと思われますが、くれぐれも交通事故には、気をつけていただき、夏休みを満喫していただきたいと思います。

 もうすぐお盆です。この頃はお盆のいろいろな行事も少しずつ変化し、簡素化されています。普段は忙しくて忘れがちですが、今の自分がある先祖のことなどを今一度、考える機会にされてはいかがですか。

 また各地域では、夏祭りが開催されています。地元の皆様が集まり、楽しまれるのはとても良いことです。猪名川町を離れて暮らしておられる方との懐かしい再会もあることでしょう。楽しい夏祭りでコミュニティが図られますことを大変うれしく思います。役員の皆様は、祭りの準備から後片付けと大変ご苦労様です。

  まだまだ暑い季節が続きますが、熱中症など、健康に充分留意され、楽しい夏をお過ごしください。

(写真)平成25年度猪名川町子ども議会の様子

平成25年度子ども議会の様子

平成25年7月12日

 例年よりも、早く梅雨が明け夏本番となりましたが、皆様はお元気でしょうか。

 さて、7月21日(日曜日)は参議院議員通常選挙、兵庫県知事選挙の投票日です。今後の国政や県政を託す大切な選挙です。投票日に予定がある方は、期日前投票もありますので、ぜひ投票に行ってくださいね。

 毎日、30度を超す猛暑日が続いていますが、急な気温の変化により熱中症の発生数が多くなっています。水分をこまめに取り、毎日の睡眠や栄養にも気を付け、昼間はなるべく外出を控えましょう。

 もうすぐ子ども達にとっては、とてもうれしい夏休みになります。それぞれの地域でも夏祭りが行われます。ご家族でお出かけになり地域交流を図られてはいかがでしょうか。また子ども達は、気持ちも昂ぶり事故も起こりやすくなります。みんなで見守りながら、楽しい夏を過ごしてください。

(写真)7月6日大野アルプスランドのあじさい[

7月6・7日あじさいまつりが開催されました

(写真)大野アルプスランドからの景色

大野アルプスランドからの景色

平成25年6月6日

 梅雨に入りましたが、今年は雨が少なく、毎日暑い日が続いており、農作物や水不足が心配です。

 田んぼでは、田植えもそろそろ終わり、風になびく水稲が目にやさしく飛び込んできます。

 さて6月は、環境月間でございます。

 再生可能エネルギーの普及拡大や大規模災害に備えた非常用電源の確保等を目的としたメガソーラー(太陽光発電施設)が、つつじが丘地内に6月1日から稼働されました。これは、今後、小・中学生の環境学習にも役立てられます。

 6月8日に、‟ほたるの夕べ”をふるさと館で行います。ミニコンサートや模擬店などがありますので、ご家族揃って涼みに出かけませんか。

 また9日には、健康福祉まつりをイナホールで行います。今年は、健康と、福祉に関することを一同に催し、皆さんに自分の健康や福祉に関心をもってもらう一日としたいと思っています。

 これから、ますます暑くなりますので熱中症等には十分注意し、楽しく梅雨をお過ごしください。

(写真)太陽光発電施設

つつじが丘地内の太陽光発電施設

平成25年5月7日

 山々の木々も日々色が変わり、目に青葉の過ごしやすい季節になりました。

 楽しみにしていたゴールデンウィークもあっという間に終わりましたが、皆様は家族等と過ごされ、楽しい休日になったのではないでしょうか。

 最近では、“アベノミクス”と言われ、株価も上がり、世間では景気が良くなったと思われていますが、我々のところにはまだまだ届きません。

 しかし、少しは気持ちだけでも明るくなれたのではないでしょうか。

 本町におきましても平成25年度の事業が本格的に動きは始めています。

 国の大型補正が地方に下り、本町の小・中学校の改修や町道補修など、住民の皆様に直接関係する事業も始まります。

 また、町内の市街化調整区域内の土地利用を活性化するため、県や商工会とともに取り組んでまいります。

 これからも一生懸命職員一同がんばってまいります。

平成25年4月1日

 本日から、新年度がスタートしました。

 先月の26日に3月議会定例会も終わり、平成25年度一般会計予算をはじめとする諸議案が審議され、全ての議案について承認いただきました。

 町財政についてはまだまだ厳しい状況であり、より一層の効率的・効果的な自治体経営が求められますが、今後も最小の経費で最大の効果を生み出す創意工夫を職員一同積極的に進めてまいります。

 まだ寒さが残りますが、桜のシーズンがやってまいりました。

 桜といえば第2回目となります「2013いながわ桜まつり」が4月7日(日曜日)に開催されます。今年は、会場となる町道原広根線の一部を歩行者専用道路とし、様々なイベントが催されます。ご近所・ご家族お誘いのうえ、ぜひお越しください。

 また、銀山地区にある「堀家製錬所跡」で、明治時代につくられた機械選鉱施設のレンガ敷遺構が良好な状態で見つかり、この貴重な歴史遺産を公開するため「悠久広場」を3月30日オープンしましたので、こちらもお立ち寄りいただければ幸いです。

(写真)桜まつり会場となる原広根線

桜まつりの会場となる原広根線(昨年のさくらの様子)

(写真)悠久広場のレンガ構造物

悠久広場オープンしました

平成25年3月4日

日ごとに春を感じる季節になりました。皆様、いかがお過ごしでしょう。

 さて、2月25日から第364回町議会定例会が開会されました。

 本定例会において、平成25年度の当初予算案をはじめとする関連諸議案を提案するに際し、私の町政に取り組み所信を申し述べました。

 平成25年度は、私の、今任期においての最終の年となります。 「小さくても輝くまち猪名川」を掲げ、 住民の皆様、そして町の職員とともに進めてまいりました町政の集大成の年であると考えております。暮らす人にとって、訪れる人にとって、かけがえのない場所であり続けるまちの姿の実現に、全力で取り組む所存でございます。

各施策といたしましては、

  『笑顔あふれるふれあいのまち 猪名川』

  『こころ安らぐ自然に育まれたまち 猪名川』

  『いきいきと暮らせる健康長寿のまち 猪名川』

  『こころ豊かな教育・文化のまち 猪名川』

  『活力とにぎわいのあるまち 猪名川』

  『人びとと行政がともに歩むまち 猪名川』

 以上各施策の展開に伴い、編成いたしました新年度予算は、

   一般会計『87億9,000万円』、

   特別会計『56億1,782万1千円』、

   企業会計『22億7,282万4千円』、

   総額『166億8,064万5千円』であります。

 これら予算の執行にあたりましては、より一層の住民福祉の向上と更なるまちの発展を実現するため、職員と一丸となり、創意と工夫を凝らし、真摯に町政に取り組んでまいります。

猪名川町長施政方針

平成25年1月1日

謹賀新年

(写真)町長

新年あけましておめでとうございます。

皆様方には、輝かしい新年を健やかにお迎えのことと心よりお慶び申しあげます。

昨年は、“小さくても輝くまち”を目指して、本町の特色、独自性を生かし、地域資源の活用を図った事業を進めてまいりました。

 我が国は、人口減少・高齢化やグローバル化の進展などにより、社会・経済の構造が大きく変化し、将来に対する不安感が漂って、さらに東日本大震災による経済復興には、まだまだ課題が山積しております。

 このような中、本年もより一層の行財政改革をすすめながら、環境問題に対応すべく自然エネルギーの利活用や里山再生、高度情報化時代への対応、少子高齢社会に対応した地域社会づくりや教育文化の振興、都市基盤整備など、これからのまちづくりに欠かせない重要な政策課題に取り組んでまいります。

 町政を取り巻く環境は、依然厳しいものがありますが、『住みたい 訪れたい 帰りたい ふれあいのまち「ふるさと猪名川」』の実現をめざし、住民・事業者・行政が一体となって創意工夫したまちづくりを進めてまいりたいと考えておりますので、ご支援・ご協力を賜りますようお願い申しあげます。

 皆様にとりまして、平成25年が飛躍の年になり、そしてご健康とご多幸を祈念申しあげ、年頭のあいさつといたします。

(イラスト)町長署名

関連情報

平成24年 町長メッセージ

平成22年 町長メッセージ

お問い合わせ

企画総務部 企画政策課 秘書担当
業務時間:午前8時45分~午後5時30分
〒666-0292
兵庫県川辺郡猪名川町上野字北畑11-1
電話:072-766-8713
ファックス:072-766-8717
メールフォーム