現在の場所

平成27年 町長メッセージ

平成27年12月1日

 平成27年も師走となり、余すところ1ヶ月となりました。

 山々の色も変わり、気温も下がってきました。冬の訪れとともに、ペレットストーブのやわらかな温かさが心地よく感じられます。

 今年は、猪名川町が誕生して60周年を迎えた年で、町制施行60周年記念事業実行委員会の皆様が中心となり、「川の遊園地」や「いながわ里山猪道トレイルラン」、また「新兵庫史を歩く」や「出張!なんでも鑑定団」の番組収録など、たくさんの記念事業を行いました。

 また、例年の「桜まつり」や「いながわまつり」も60周年記念事業として行ってきましたが、すべて晴天に恵まれ、住民の皆様方にも大変盛り上げていただき、無事開催出来ましたことをとても嬉しく思っています。

 来年は、新たな一歩を踏み出し、皆様のいろいろなご意見を賜りながら、本町の未来が希望に満ち溢れるよう町政運営を進めていきたいと思います。

 年末は気持ちも気忙しくなりますし、道路の凍結や日没後の交通安全に努めてお過ごしください。

平成27年11月2日

 朝夕が少し寒く感じる季節になってきました。

 町内各地での秋祭りや住民運動会、また昨日1日には、町制60周年記念イベントの“いながわ里山猪道トレイルラン”が開催されました。トレイルランでは、参加者が近隣市のみならず全国各地から200人以上の参加者があり、天気にも恵まれ、大きな事故も無く無事終わり、ホッとするとともに大変嬉しく思っています。関係各位また地域の皆様にも大会を盛り上げていただき感謝申し上げます。

 また明日3日は、恒例の“いながわまつり”が開催されます。屋外では、猪名川音頭をみんなで踊るなどし、たのしい催しが予定されていますので、ぜひご家族やお友達とお越しいただき、秋の1日を楽しんで下さい。

 役場では、早くも平成28年度の予算編成期を向かえ、新名神高速道路が平成28年度末に開通に向けての活性化対策予算も盛り込んでいきたいと考えております。

南部地区で計画している産業拠点地区では、企業誘致することにより雇用の創出による活性化を図り、今後の人口増加や税収の安定的な確保などを目指します。

季節の変わり目でありますので、体調管理に努められ、風邪などに十分気を付けてお過ごしください。

トレイルラン

秋晴れの中、トレイルランが開催されました。

平成27年10月1日

 野山では、ススキの穂が風にそよぎ、柿の実も色づきはじめ、秋真っ盛りの季節になりました。

 さて、10月1日から赤い羽根共同募金運動が始まります。

 最近では、皆さんの中でも少し関心が薄くなってきたのではないでしょうか。

 戦後に始まったこの共同募金も、当初は戦争の打撃受けた社会福祉施設に財政補てんするものとして制度化されたものでしたが、その後、社会福祉事業の推進のために活用されてきました。

 現在は、募金の70%は自分たちの町を良くするために使われ、残りの30%は市町村を越えた都道府県内で使われています。また、大規模な災害が起こった時のそなえとして、募金額の一部を「災害等準備金」として積み立てられています。今一度考えていただけたら、大変うれしく思います。

 10月は学校や各まちづくり協議会で運動会や、地域での秋祭りと行事が目白押しです。秋空の下、ご家族おそろいで参加し地域を盛り上げていただければ幸いです。

平成27年9月1日

 子どもたちの楽しかった夏休みも終わり、朝夕めっきり過ごしやすい時期となりました。

 先日、「猪名川レスリングクラブ」4人の表敬訪問を受けました。

 全国大会などでメダルを獲得された皆さんですが、大会の様子や毎日の練習状況等を報告していただき、「将来の目標はオリンピックに出ること」と元気に語ってくれました。

 本町では、今後も子どもたちが元気で安心して暮らしていけるまちづくりを進めていきたいと思います。

 また、8月にフランスのリヨンで行われた「世界マスターズ陸上競技選手権大会」において、白金にお住いの宮本弘さんが90から95歳クラスの三段跳び種目でみごと優勝、幅跳び種目で準優勝、100メートル走種目で第4位の成績を収められました。この大会は、世界各国から8千人ほどが参加される大会で、宮本さんは、日本人の中で最高齢のメダル獲得者であったそうです。「健康長寿のまち」にふさわしく、ご高齢の方に夢と希望を与えるものだと思います。

 9月は気候も良くなってきますので、ハイキングや野外活動等、秋のいながわを楽しんでください。

猪名川レスリングクラブの子どもたちが町を表敬訪問

左から

池畑葉菜さん(つつじが丘小3年)女子26kg級優勝

後 颯汰さん(楊津小3年)25kg級準優勝

後 瑞季さん(楊津小5年)女子30kg級3位

いずれも全国少年少女レスリング選手権大会で

池畑菜々さん(つつじが丘小5年)吹田市民大会中量級優勝

宮本弘さん全国大会で優勝

宮本弘さん世界大会で金・銀メダル獲得

平成27年8月1日

 今年も暑い夏となりましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

 7月には、台風が12号まで発生しました。シーズンに入り今後も日本への上陸も懸念されるため、今年は特に気を付けなければと思っています。

 

 平成28年度末に開通予定の新名神高速道路を本町のまちづくりに活かすため、差組・肝川地域にある大規模町有地を産業拠点地区と位置付け、企業誘致をしようと、現在、事業者の募集をしております。

 国が進めている地方創生にも合致し、これからの税収の安定化や人口増加また雇用の創出により地域の活性化が見込めるものとして、何としてもこの事業を成功させたく考えております。

 

 先月の30日に、子ども議会を開催致しました。議会本会議場にて、町立6小学校、3中学校の代表者で議長1名と18名の議員から、町政について様々な提案をいただきました。それぞれが「猪名川町」のことを真剣に考え、皆様にお伝えするよい機会となり、子どもたちも夏休み中の大変有意義で貴重な経験をしていただいたことと思います。この熱い思いを出来る限り、町政に活かしていきたいと思います。 

 

 まだまだ暑い日が続きます。熱中症等には充分気を付けて、ご家族で夏を満喫してください。

平成27年度子ども議会

平成27年度子ども議会

議会を終えた子ども議員のみなさん

平成27年7月1日

 毎日うっとうしい梅雨空が続いています。

 今年は、今のところ町内で集中豪雨などは、発生しておりませんが、梅雨の後には台風シーズンを迎えますし、最近では急な局地的豪雨に見舞われ各地で災害が発生していることから、油断は出来ません。

 猪名川町では、危機管理室を中心に常時警戒をしていますが、常日頃からご家族で災害について話し合い、もしもの災害発生時のために、皆さん一人ひとりがご自分の一時避難場所を今一度ご確認いただき、迅速な行動がとれるようにしてください。

 

 さて7月は4日(土曜日)、5日(日曜日)に阪神間で最高峰の大野山(753m)山頂の大野アルプスランドにて、町制施行60周年記念事業“第20回あじさいまつり”が開催されます。柏原生産森林組合の皆さんが手間暇かけて育てていただいている紫陽花を観賞ください。しかしながら、今年は特に鹿による食害がひどく開花も例年と比べ少なくなっています。そのような大変な状況を皆様にも知っていただく機会になるかと思っています。

 

 もうすぐ夏休みになります。子どもたちには夏祭りや水遊びなど、楽しく気持ちも解放されますが、事件や事故などが起きないように家族だけでなく、地域の皆さんと共に子どもたちを見守っていただきたいと思います。

 また、30日(木曜日)には、各小・中学校の代表者による“子ども議会”を開催します。子どもたちが町政に対してどんな質問をしてくれるのか、とても楽しみにしています。

 

 自然いっぱいの猪名川町の夏を満喫してください。

第22回あじさいまつりを開催します!(準備中)

平成27年6月1日

 今年は例年になく、5月からとても暑く、夏を思わせる気候になりましたが、皆様はお元気にお過ごしでしょうか。

 山々の新緑が目に染みる季節、田園の田植えも真っ最中で、町中がとても活気に満ち溢れているように思えます。

 本町では今年、こども課を新しく設け、少子化に少しでも歯止めをかけ、この自然いっぱいの猪名川町で子育てをしてもらえるような様々な施策を考えております。

 まず庁舎内、文化体育館、スポーツセンターにキッズコーナーを設けました。このほかイベント時の移動式「赤ちゃんの駅」の設置、子育て支援センターの充実など、いろいろな事業をしてまいりたいと思います。

 さて、猪名川町の自然をあじわっていただくのに最適なホタルの季節がやってきました。最近ではホタルを見るのも難しくなってきましたが、本町では今年も地域の皆様方の協力のもと13日(土曜日)にふるさと館で“ほたるの夕べ”を開催いたします。忙しい日々や暑さを忘れて、ご家族やお友達とお楽しみ下さい。

 また、7日(日曜日)には、こちらも恒例の“健康福祉まつり”を開催します。ご自身の健康チェックをしてみられてはいかがでしょうか。

 そして6月の定例議会も開期となり、14日(日曜日)には、日曜議会を行います。町政を身近に感じていただくいい機会ですので、休日を利用して傍聴にお越し下さい。

 これから、ますます暑くなりますので、熱中症等には充分注意しながらお過ごし下さい。

平成27年5月1日

 桜の花もいつしか散り、新緑が目にまぶしく映るとても良い季節になりました。

 年度初めの4月、猪名川町は、桜まつり、県議会議員選挙、町制60周年記念式典と、行事が目白押しでとても忙しかったです。

 職員が一丸となって頑張ってくれましたし、多くの住民の皆様にも助けられ、どの行事も無事に終わることが出来ました。

 今年は、町制60周年の節目の年を迎えております。

 60周年の大きな節目として、これまでの軌跡を振り返り、また、将来のことを考える新たな出発点とし、皆様方には、いろいろなご意見を賜りながら、本町の未来が希望に満ち溢れたものとなるよう町政運営を進めていきたいと思います。

 もうすぐ、田植えの季節となり新しい躍動を感じる好季節になります。ご家族おそろいで猪名川の野山にお弁当を持って出かけてみてはいかがでしょう。

い~な!!さくら通り

桜まつりでの「い~な!!さくら通り」

大空を舞うモーターパラグライダー

大空を舞うモーターパラグライダー

町制施行60周年セレモニー

町制施行60周年セレモニー

町制施行60周年記念式典 町長式辞

町制施行60周年記念式典 町長式辞

白金小学校児童合唱

白金小学校児童合唱

猪名川音頭

皆さんと猪名川音頭を踊るいなぼう

平成27年4月1日

 ようやく暖かくなり、春の日差しがまぶしくなってきました。

 平成27年度予算が3月25日に議会の承認をいただき、新年度から職員一同新たな気持ちで一年間頑張ってまいります。

 職員体制も、より効率的な行政運営をするために組織の機構改革を行い、教育委員会は教育長が特別職になり、また子育て部門として“こども課”を新たに設けました。幹部職員に女性職員の登用も積極的に行いました。

 庁舎内、部署の場所移動もあり、住民の皆様には慣れていただくまで、しばらくご不便に感じられることもあるかと思いますが、よろしくお願いします。

 さて、国が地方創生を打ち出しており、地方自治の自主性、自立性がとても高まっている中、本町におきましても4月10日に迎える猪名川町制施行60周年をきっかけに、より一層、行政、住民が一丸となって将来のまちづくりに邁進してまいりたいと思います。

 4日は桜まつり、26日は町制施行60周年記念式典と続きますので、皆様と共に、大変おめでたい節目のお祝いをしたいと思います。

平成27年3月1日

 ようやく日ごとに暖かさを感じられるようになりました。

 さて、2月24日から第375回町議会定例会が開会されました。

 本定例会におきまして、平成27年度当初予算案はじめとする関連諸議案を提案するに際し、私の町政に取り組む所信を申し述べました。

 これまでの2期5年間、少子化対策や教育環境の整備、里山再生などに取り組んでまいりました。また、ふるさと猪名川を実感していただくため、桜並木を活かした「いながわ桜まつり」を開催し、春の新たな魅力として定着してきました。

 本年度からは、まちの活性化を進めるため、新たな組織も整備しながら市街化調整区域のまちづくりに取り組んでおります。

 一方、少子高齢化の進行、公共施設の老朽化、住民ニーズの多様化など、本町を取り巻く環境は年々厳しさを増しており、今後、このような状況の中で施策を力強く推進していけるかどうか正念場を迎えております。

 本年は、1月に阪神淡路大震災から20周年を迎えましたが、4月には町制が施行して60周年、8月には戦争が終結して70周年と、幾重にも意義深い節目の年を迎えております。

 新年度からは、持続的な定住促進を図るため、分野横断的にかつ重点的・戦略的に取り組むべき5つの重点テーマを設定した第五次総合計画後期基本計画がスタートいたします。

 新年度の予算編成にあたっては、安全・安心、子ども・子育て、教育、そして新名神高速道路を活かしたまちづくりの4項目に重点を置きました。

 一般会計『 96億8,000万円』、

 特別会計『 64億5,248万円』、

 企業会計『 32億288万8千円』、

 総額 『 193億3,536万8千円』、であります。

 これら予算の執行にあたりましては、より一層の住民福祉の向上と更なるまちの発展に向け、真摯に町政に取り組み、住民の皆様の負託に応えてまいります。

 

平成27年2月1日

 毎日寒い日が続いていますが、皆様は風邪などひかれてないでしょうか。

 年末年始の仕事は、とても忙しくあっという間に過ぎましたが、平成27年度の予算編成や執行体制など、ほぼ方向性が固まってきました。

 平成27年度は町制施行60周年という節目の年だけに、いつもと違う緊張感をもって臨みたいと職員一同頑張っています。“いながわ桜まつり”や記念式典をはじめとするイベント等も行い、一年を通して住民の皆様とともに盛り上げていきたいと思っています。

 先日、1月23日には、池田泉州銀行と猪名川町商工会、猪名川町とで地域連携協定を結び、26日には旧阿古谷小学校の跡地利用として学校法人大前学園への建物引き渡し式を執り行いました。今後、本町の地域活性化を担っていただけることと期待しております。

 年末から町内で住宅火災が3件発生いたしました。幸い人的被害はありませんでしたが、冬期は暖房器具を使いますので、皆様のご家庭でも火の取り扱いやコンセントの劣化など今一度、点検してください。

 町内の学校でも、学級閉鎖をしているところもあり、インフルエンザ等が流行っているものと思われます。睡眠や栄養を充分にとり注意してお過ごしください。

平成27年1月1日

「町制施行60周年を迎え、より良いまちづくりを」

  謹 賀 新 年

  新年あけましておめでとうございます。

  皆様方におかれましては、ご家族お揃いで、健やかに平成27年の新春をお迎えのこととお慶び申しあげます。

  本町は、本年4月10日に町制施行60周年を迎えます。

  この記念の年には、様々な行事やイベントを予定し、皆様とお祝いするため4月26日には、記念式典も実施いたします。町内外から多くの方にこの猪名川町を訪れていただき、町並み、景観、歴史、文化、様々な魅力を再発見していただければと思います。

  また、平成28年度末の新名神高速道路開通に伴う波及効果が期待されることから本町の発展に繋がるよう、計画的なまちづくりを進めてまいります。

  第五次猪名川町総合計画も今年度から後期基本計画がスタートします。前期基本計画に基づき推進してきた各施策の成果等を検証し、今後の社会情勢の変化を踏まえながら基本構想で掲げた将来像をめざしたまちづくりを着実に進め効率的・効果的な行政運営を行ってまいります。

  本町の60年という歴史の中で、先人が築き上げた豊かな自然環境をはじめ、美しい景観、貴重な歴史遺産などを守りながら、今後においても多くの地域資源の活用、特性を活かし、「ずっと住み続けたいまちづくり」に邁進してまいりますので、一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申しあげます。

  最後になりましたが、本年が皆様にとりまして、幸多い1年となりますことを心から祈念申しあげまして、年頭のあいさつとさせていただきます。

 

町長サインping