現在の場所

平成28年 町長メッセージ

平成28年12月2日

今年も12月、師走になり残すところ、あと1ヶ月です。

この一年間、全国各地では地震や台風により、大きな災害に見舞われました。しかし、猪名川町では大した災害も起こることなく、みなさまの安全・安心を守られたことはとてもうれしい事です。

さて、年末・年始は飲酒の機会も多く、気持ちの上でも落ち着きませんが、事件事故等に充分気をつけてお過ごしください。

また、「飲んだら乗るな!乗るなら飲むな!」で飲酒運転は絶対にしないでください。

皆様にとりまして、良き新しい年が迎えられますよう、お祈りしています。

平成28年11月1日

過ごしやすい秋の日は、あっという間に過ぎ、もう木枯らしが吹く季節になりましたが、
猪名川町の野山は、これから紅葉の見頃を迎えます。寒さを吹き飛ばして秋を楽しんでみてはいかがでしょうか。

さて、行政では来年度の施策や予算案をつくる時期になりました。全職員で知恵を出し合い、住民の皆様に喜んでいただける平成29年度の町政を行ってまいります。
また、『猪名川町の未来を描く高校生フォーラム』(10日(木曜日)午後2時から社会福祉会館)を開催し猪名川高校の生徒さんが、町をより良くするために自分たちが出来ることは何かを考え、プレゼンテーションしてくれます。若い皆さんからどんな意見が出るのか非常に楽しみです。どうぞお時間のある方は足を運んでみてください。

そして、今年も恒例の『いながわまつり』が3日(祝日・木曜日)に総合公園や文化体育館などで開催されます。ステージ発表や模擬店などたくさんのイベントが予定されていますので、ご家族やお友達とお揃いでお越しいただき、みんなで楽しい秋の一日を過ごしましょう。

平成28年10月1日

今年は例年になく、多くの台風が日本に上陸し、北海道や東北では、甚大な被害となりました。また、九州の災害も大変です。
幸いなことに猪名川町では、今のところ大きな自然災害もなく、『住みやすい町』いながわを実感しています。
しかし、秋雨前線が活発で天候不順な日が続いているため、農家の皆さんは、稲の刈り取りの遅れや日照不足による野菜の生育不良で大変だと思います。
さて、これから秋本番になります。学校や地域の運動会、各自治会の秋祭りがありますので、ご家族お揃いで参加していただき、地域での交流を深めるとともに猪名川の秋を十分満喫してください。

平成28年9月1日

今年の夏は、異常ともいえるほど暑かったですが、皆さん、夏の疲れは出ていませんでしょうか。

暦の上でも秋になり、暑さもひと段落したように感じます。

今日9月1日は防災の日です。今年はまだ台風が本町を通過したことはありませんが、今日を機会にいざという時のため備えておいて下さい。

さて、子ども達の夏休みも終わって2学期が始まり、学校では運動会、高齢者の皆様(70歳以上)は敬老会、文化の薫る町展(9月23日~25日)など、いろいろな催しがあります。

また、秋と言えば読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋などといろいろありますが、なんといっても猪名川町は食欲の秋!本町には秋の味覚がたくさんあります。栗や枝豆や新米などの町内で採れた農産物を道の駅いながわなどで販売していますので、ぜひ味わってください。

ご家族おそろいで猪名川の秋を満喫してください。

米

栗

平成28年8月1日

子どもたちは夏休みが始まり夏本番となっておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
町では、「子育てしやすいまちづくり」を基本方針としておりますが、7月からは、子育て家庭の経済的負担の軽減するため中学3年生までの医療費完全無料化を実施しております。
また、「保護者が安心して働きたい」という要望に応えるため子どもの急な発病時でも仕事を休むことが出来ない保護者のため7月21日から病児保育事業を実施し、安心して子育てできる環境づくりを進めています。
「未来を担う子どもは宝」と申しますが、本町では、現在お住まいの方には、益々充実した子育て施策を実施することで、より満足いただけるよう、また、快適な環境で子育てがしたいという町外の方にも「子育てするなら猪名川町」と選んでいただけるよう全力で取り組んで参りたいと考えております。
8月は、地域での夏まつりに参加したり、自然豊かな猪名川町を満喫するなど楽しい夏をお過ごしください。

平成28年7月6日

梅雨の真っただ中とはいえ、ここ数日梅雨明けかと思うような真夏日が続き、寝苦しい夜を過ごされているのではないでしょうか。
さて、3日に大野山で“あじさいまつり”が盛大に開催され、阪神間各地より大勢の皆様にお越しいただき、きれいなあじさいを観ながら遊んでいただきました。
また、7日は“七夕”です。猪名川町の幼稚園や小中学校では、給食に星形の入った七夕汁を食べ、笹に星形の短冊を飾ります。夜には大野山で「星のまち猪名川 七夕ナイト~みんなの願いよ、星に届け!~」と題してイベントを開催します。
子どもから大人まで、みんなで自然いっぱいの猪名川町を楽しんでほしいです。
これから本格的な夏本番を迎えます。熱中症等に十分注意して家族みんなで、海や山での夏を満喫してください。
それから7月10日(日曜日)は参議院議員選挙日です。有権者の皆様は必ず投票に行っていただきますようお願いします。当日行けない方も期日前投票を町内3か所でやっていますので、ぜひ行って下さい。

あじさいまつり

平成28年6月1日

野山の緑が目に染みる良い季節になりました。

農家の皆様は農作業に忙しくされていますが、緑に変わっていく田園風景を見るのはとてもうれしい事です。

さて、5月・6月は各種団体の総会が続きます。多方面における住民の皆様のご活躍を大変うれしく思います。また、皆様方の生の声を聞き、話せる貴重な場として出席させていただいています。

今年の夏は、例年以上に暑くなると予報が出ています。今から体調を崩さないように水分補給や睡眠を充分とって元気にお過ごしください。

平成28年5月1日

先月は、九州地方で大きな地震があり、熊本県を中心に多大な被害が発生しました。犠牲になられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げますとともに、けがを負われた方々の1日も早い回復を願っております。
猪名川町も大変であった阪神淡路大震災より21年、東北大震災からは5年と、まだまだ復興していないなか、また地震による大きな被害が出てしまいました。
本町も兵庫県と連携し、第一次として消防職員を2名、一般職員2名を一週間、熊本県益城町に派遣しました。
猪名川町もこの災害を教訓に危機管理室を中心に、今後の災害発生時の対応を見直していきたく思っています。ご家庭におかれましても、今一度、緊急時の連絡方法や非常食のご確認など、非常時に備えていただくようお願いいたします。
青葉若葉が目に染みる好季節になってきました。ご家族ご一緒に野山に出かけて、本町の自然を満喫してください。また、ゴールデンウィークとなり、交通量が増えると思われますので、どうぞ交通事故などにはくれぐれも気をつけてお過ごしください。
 

 

平成28年4月1日

 菜の花や桜の開花とともに春の訪れを感じる今日この頃ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 4月になり、役場も新年度のスタートをきりました。

 平成27年度は、猪名川町が昭和30年に町制が施行されて、60年目の年でありました。

 記念式典をはじめ、記念事業を住民の皆様とともに出来、大いに盛り上がったことは、今後の猪名川町のまちづくりに大変役立つことと思います。

 さて、平成28年度の施政方針での町政に取り組む所信の中で、今年は「変革の年である」と表明しました。

 新名神高速道路の供用開始に向け、産業拠点地区のまちづくりや幹線道路沿道に店舗や事業所の立地を誘導する等、町全体に活気と賑わいを創っていきます。

 また、子育て支援では、中学校卒業まで医療費の無料化、病児保育の実施など子育てしやすい猪名川町を目指します。

 これら様々な事業を推進してまいりますので、今後とも住民の皆様方のご協力・ご支援を賜りますようよろしくお願いします。

 明日4月2日は、“2016桜まつり”を開催します。いろいろと新たなイベントも企画しており、大いに楽しんでいただけると思います。ご家族おそろいでお越しください。

平成28年3月1日

 寒気が少しずつですが緩み始め、日も少し長くなってまいりました。

 さて、2月24日から第381回町議会定例会が開会されました。

 本定例会におきまして、平成28年度当初予算案はじめとする関連諸議案を提案するに際し、私の町政に取り組む所信を申し述べました。

 私が2期目の町政を担うにあたり、魅力あふれる町の実現に向けて「安心して暮らせるまちづくり」、「活力あふれるまちづくり」、「未来へつなぐまちづくり」を目指し、取り組んでまいりました。

 社会経済情勢の変化により、猪名川町も変わらなければならないという思いから、町政を担ってまいりましたが、新名神高速道路の供用開始が予定されている新年度は、これまでの取り組みの成果を見ていただく年となります。平成28年の新年を迎えた際には、「変革」という言葉を選び、私の町政に取り組む姿勢を職員にも示したところです。

 本年度に策定する猪名川町地域創生総合戦略では、「住み続けたいまちづくり」、「子育てしやすいまちづくり」、「産業育成と交流促進」の3つを基本方針とし、シティプロモーションの充実や、子育て支援の充実、産業拠点地区の整備促進などを重点施策に位置付けながら実施してまいります。

 地域創生の取り組みとは、未来の猪名川町に夢と希望を抱きながら、10年後、20年後、さらには先の未来のために取り組むべき事業であり、一つひとつの施策・事業に対して全身全霊を注ぎ取り組んでまいります。

tyoutousain

 

平成28年2月1日

 今年の冬はとても暖かく、比較的過ごしやすい毎日ですが、地球温暖化という気候変動が気になるところです。

 さて、互礼会等の年頭行事も概ね終了し、現在、平成28年度に向け予算や人事ヒアリングを行っているところであります。

 また、国の地方創生を受け、本町の人口減少を抑制及び維持することを目的とした猪名川町地域創生総合戦略の策定に向け、

 

1.子育てのしやすいまちづくり

2.産業育成と交流促進

3.住み続けたいまちづくり

 

 この3つを基本方針として作業を進めております。

 今後は、パブリックコメントも行い、住民の皆様のご意見も考慮しながら、いつまでも住み続けたいまちをめざして頑張ってまいります。

 

 14日(日曜日)には、43回目となる恒例の「彫刻の道マラソン大会」が行われます。お時間のある方は応援に来て盛り上げていただければと幸いです。また、近隣の皆様方には、交通規制等ご迷惑をお掛けしますがご理解・ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 

 まだまだ寒い日もあると思います。学級閉鎖も増えてきておりますので、インフルエンザなどに充分注意してお過ごしください。

 

平成28年1月1日

 新年あけましておめでとうございます。

 皆様方におかれましては、ご家族お揃いで、健やかに平成28年の新春をお迎えのこととお慶び申しあげます。

 昨年は、町政施行60周年を迎えた記念すべき年となりました。

 記念式典を始め、様々なイベントを通じ、皆様とともにお祝いが出来ましたことは、大変うれしく思うとともにご協力いただいた皆様に感謝申しあげるところであります。町内外からたくさんの方に、この猪名川町を訪れていただき、町並み、景観、歴史、文化、様々な魅力を再発見していただけたことと思います。

 さて、本町の南部を横断する新名神高速道路の工事も着々と進み、開通予定まで1年強と迫ってまいりました。

 新名神高速道路の開通は、本町のまちづくりにおいて大きなチャンスととらえております。

 本町では、この高速道路の開通による波及効果を最大限に活かし、雇用の場の創出や税収効果など町の活性化の起爆剤となる事業が必要と考え、インターチェンジから約2キロメートルの距離にある大規模町有地を産業拠点地区と位置付け、民間活力による産業団地の形成を進めております。

 また、周辺の都市計画道路沿道においても、現在土地利用について厳しい規制がありますが、地区計画制度を活用し、商業施設の整備などが出来るようすすめているところであり、これらに事業により本町における産業振興や雇用機会の確保など、地域経済の活性化を目指しているところであります。

 60年の節目において町政の大きな転換期として、この先を見据えた持続可能なまちづくりを目指し、今後も鋭意努力し進めてまいりたいと考えております。

 最後になりましたが、本年が皆様にとりまして、幸多い1年となりますことを心から祈念申しあげまして、年頭のあいさつとさせていただきます。

町長サイン

お問い合わせ

企画総務部 企画政策課 秘書担当
業務時間:午前8時45分~午後5時30分
〒666-0292
兵庫県川辺郡猪名川町上野字北畑11-1
電話:072-766-8713
ファックス:072-766-8717
メールフォーム