現在の場所

第25話 多田庄奥三十三所の寺(1)(町北部)


更新日:2014年5月1日


観音は33体の姿となって人々を救うということから、平安時代に始まった観音霊場三十三所巡礼には、西国三十三所霊場などがあります。江戸時代には巡礼の大流行が3度あり、遠路の参詣ができない人のため、身近な三十三所が数多く作られました。北摂では、元禄6年(1693)開始の「多田庄三十三所」が最も有名で、町内の8寺院が札所に含まれ、他にも数種の三十三所があります。
標題の多田庄「奥」三十三所は、元禄7年開設の後、現代では忘れられていましたが、近年池田重義氏の研究により再びその姿を現したのです。「太(多)田庄奥三十三所順(巡)礼」という古文書では、町内の23寺(内6寺が廃寺)が札所となっています。北部では「藤波の水に移ろう紫の雲の耕す西畑の寺」の御詠歌が残る西畑の精明院、裏の観音山に三十三観音の石仏がある鎌倉の定星寺や、仁頂寺の洞泉寺、清水の成仏寺、笹尾の安楽寺が札所です。残る12寺は中・南部にあります。(写真:安楽寺) 

(写真)安楽寺

お問い合わせ

教育委員会 教育振興課 社会教育室
業務時間:午前8時45分~午後5時30分
〒666-0292
兵庫県川辺郡猪名川町上野字北畑11-1
電話:072-767-2600
ファックス:072-766-8904
メールフォーム
いながわ歴史ウォーク

ライフステージで探す

  • 住宅・引越
  • 結婚・離婚
  • 就職・退職
  • 出産・育児
  • 入園・入学
  • 生涯学習
  • 高齢者・介護
  • おくやみ