現在の場所

猪名川町立ふるさと館

ふるさと館使用条件の緩和について

緩和のご案内とご協力のお願い

ふるさと館は6月2日(火曜日)より再開しています。
開館にあたっては、適切な感染予防対策を講じるとともに、一部制限付きで再開していますが、6月30日(火曜日)より国や県のガイドラインをもとに一部使用条件(貸館人数制限)の緩和を行います。

ご来館の皆さまへ(お願い)

1. 発熱や咳等、風邪の症状のある方の入館をお断りしています
2. 体調不良の方の入館をお断りしています
3. 海外から帰国後2週間を経過していない方の入館をお断りしています
4. マスクの着用、咳エチケットを徹底してください
5. 密集を避け、人との距離を最低1m(できるだけ2m)保ってください
6. 極力、滞在時間を短く(30分以内を目安)していただきますようお願いします
7. 館内の混雑を緩和するため、入場制限を行う場合があります
8. 入館の際には入口で手指の消毒を行ってください
9. 来館者名簿の記入にご協力ください
   (保健所等からの要請があった場合は、提供することがあります)
10. 入館人数が25人を超える場合、入館制限を行う場合があります
※上記事項のご協力が得られない場合は、入館をお断りしています

貸館ご利用の皆さまへ(お願い)

1. 発熱や咳等、風邪の症状のある方のご利用はお断りしています
2. 体調不良の方のご利用はお断りしています
3. 海外から帰国後2週間を経過していない方はご利用をお断りしています
  ※利用責任者の方は開始前に1~3について参加者に確認し、該当する場合は帰宅させ
るなどの対応をお願いします
4. マスクの着用、咳エチケットを徹底してください
5. 熱中症予防対策を行ってください
6. 利用前後の手洗い及び入口での手指の消毒を必ず行ってください
7. 利用前後に使用者で手に触れる部分の消毒を行ってください
8. 3密(密閉、密集、密接)の回避
・原則、窓は開けてご利用ください。また合わせて扉を開けておくか、30分に1回、数分程
度の定期的な換気を行ってください
・密集を避け、人との距離を最低1m(できるだけ2m)保って使用してください
・水分補給以外の飲食はしないでください
・ブルーシート、コップ類、給湯ポットの貸出は当面中止します
・緊急時に連絡できるよう、当日にチェックリストと貸館利用者名簿をご提出ください
 (保健所等からの要請があった場合は、提供することがあります)
9. 各貸室の利用定員については制限がありますので、下記の基準表をご覧ください

 
催し会場 25人
土間 3人
洋室1 4人
洋室2 6人
洋室3 4人
作業棟 5人

※上記の条件での活動が難しい場合は、活動の自粛も含めてご検討をお願いします
 

なお、今後の感染状況により変更する場合がありますのでご了承ください。
 

また、芝生公園も開園しています。

公園のご利用にあたっても、密集、密接を回避するよう他の来園者の方との距離をあけ、長時間の滞在はご遠慮ください。またトイレのご利用についても間隔をあけて、何人もの方が同時に利用されることは避けてください。

夏季期間中の駐車場について

7月、8月の特に土曜日、日曜日、祝日、お盆などは、駐車場が満車になる場合があります。
ふるさと館の駐車場39台分と臨時駐車場数台分しか、駐車していただくことはできませんので、どうぞご了承ください。近隣の空き地に無断で駐車するなどの迷惑行為はおやめくださいますようお願い申し上げます。

 

リニューアルしたふるさと館の展示をご覧ください

(展示替え  その1)
高麗青磁の再興~その美しさに魅せられた日本人  富田儀作~

猪名川町出身の実業家、富田儀作氏(1858~1930)は明治時代に朝鮮半島に渡った際、現地で廃れていた高麗青磁に魅せられ、私費を投じてその再興に取り組みました。高麗青磁の製造技術を復活させることは困難を伴いましたが、苦労を重ねた結果、その作品の一部は皇室に献上されるまでに達しました。献上された作品は宮内庁三の丸尚蔵館(しょうぞうかん)に所蔵されています。ふるさと館では今、高麗青磁の再興の過程等を知ることができる作品と、富田儀作氏の人物像をわかりやすく展示、紹介しています。

 

(展示替え  その2)

「一戎大黒天立像(いちえびすだいこくてんりゅうぞう)」の実物を展示しています

兵庫県指定重要有形文化財に指定されている町内の木喰仏26駆のうちの1駆、一戎大黒天立像(いちえびすだいこくてんりゅうぞう)を町が所蔵していた個人から譲渡(有償)していただき、令和元年から本館内に展示しています。

 

 

木喰仏(もくじきぶつ)3D画像&発見者  粟野頼之祐

兵庫県指定重要有形文化財に指定されている木喰仏の3D画像を、パソコンのマウスを自分で動かして、様々な角度から見ることができます。なかなか見る機会がない個人所蔵1躯、また町所蔵1躯、町内寺院所蔵3躯の合計5躯の画像を見ることができます。
また、昭和26年(1951)に猪名川町の木喰仏を東光寺で初めて発見した粟野頼之祐氏(猪名川町島出身)について、その経歴や業績などを紹介しています。彼もまたジャンルは違いますが、富田儀作氏と同様、猪名川町が輩出した特筆すべき人物の一人です。

 

 

 

 

 

 

 

四季折々の自然を満喫できるふるさと館に是非お越しください。

ふるさと館の自然

ふるさと館のご案内

施設

本館展示

猪名川町の歴史・民俗芸能・文化財などについて紹介しています。

猪名川町文化財図書のご紹介

(写真)ふるさと館本館展示1

昔の道具や生活道具

(写真)ふるさと館本館展示2

かまどの風景(右端にあるのは鉄砲風呂)

(写真)ふるさと館本館展示3

文楽飾り人形(手前)

貸館案内​

約50畳の催し会場や、陶芸用の窯があり、貸館としてご利用いただけます。

ふるさと館(貸館案内)

(写真)ふるさと館貸館内部1

(写真)ふるさと館貸館内部2

公園

緑あふれる芝生広場や、小さなお子さまも安心して遊んでいただける人工水路もあります。

(写真)ふるさと館公園

自主講座

さまざまな講座を実施しており、毎年12月には「しめ縄づくり講習会」を開催しています。  

ふるさと館を紹介します

きらっといながわ動画配信中

いなぼうの気まま散歩~ふるさと館の巻~

バリアフリー整備状況

(地図)ふるさと館施設配置図

(図)ふるさと館バリアフリーマーク

駐車場

駐車場がある(利用時間午前9時~午後5時)
車いす使用者が利用できる駐車区画がある

敷地内道路

外部出入口前が平坦でない
外部出入口前にスロープがある
外部出入口前に段差や階段がある

誘導案内

敷地内通路や建物内部に視覚障害者誘導用ブロックがない
点字による触知案内板がない
受付案内所がある
音声誘導装置や音声案内装置がない

建物の主な出入口

外部出入口が自動ドアでない
外部出入口が開き戸である
外部出入口が引き戸でない

昇降設備

一般用のエレベーターがない
車いす使用者が利用できるエレベーターがない
点字表示又は音声案内付のエレベーターがない

乳幼児設備

専用の授乳室はないが、「赤ちゃんの駅」指定施設になっているので、申し出により貸館を授乳室として提供することは可能である
プレイコーナー・託児室がない

トイレ

洋式トイレがある
車いす使用者が利用できるトイレがある
トイレ内に乳幼児のおむつ交換台がある
オストメイトが利用できるトイレがない
大人も利用できる介護ベッドがない

その他設備

AED(自動体外式除細動器)がある

補助サービス

貸出し用車いすがある
貸出し用ベビーカーがない

アクセス

公共交通機関の場合

能勢電鉄日生中央駅より阪急バス杉生線(所要時間21分)
木津上バス停 北へ徒歩5分

お車で来られる場合(駐車場有り)

県道川西篠山線 紫合北ノ町交差点より篠山方面へ約10分

施設情報

住所

〒666-0225
兵庫県川辺郡猪名川町木津字八十19-2

電話

072-768-0389

ファックス

072-768-0389

開館時間

9時から17時

休館日

毎週月曜日(但し、月曜日が祝日にあたる場合はその翌日)
年末年始(12月29日から1月3日)

この施設に関するお問い合わせ・申し込み

猪名川町立ふるさと館へご連絡ください。

猪名川町立ふるさと館にメールを送信する

撮影及び画像の利用について

館内及び展示資料等の撮影、ふるさと館に関する画像の利用については、事前に許可申請が必要です。撮影を希望される場合は、「資料特別利用許可申請書」に必要事項を記入し、提出してください。

資料特別利用許可申請書(PDF:87.5KB)

資料特別利用許可申請書(WORD:13.5KB)

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ

猪名川町立 ふるさと館
開館時間:午前9時~午後5時
休館日:月曜日(休・祝日の時は翌日)、12月29日~1月3日
〒666-0225
兵庫県川辺郡猪名川町木津字八十19-2
電話・ファックス:072-768-0389

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。