現在の場所

第4話 鉱山や旅人の往来で賑わった民田

更新日:2014年5月1日

(写真)三矢の儀式

猪名川町の東部、民田地区には「千軒(せんげん)」という珍しい小字名があります。この地名は、多田銀銅山の採掘が盛んだった頃、民田には千軒もの家が立ち並んだといわれたことによるものです。ここの鉱山は明治時代にもっとも栄えました。現在は川辺で遊べるキャンプ場で賑わっていますが、江戸時代には、民田の鮎が税として物納されていたという記録が残っています。
安土桃山時代には、民田は、能勢を支配していた能勢氏と現在の猪名川町・川西市を支配していた塩川氏との戦いの発端の場でもありました。
町内の清流では初夏に蛍を見ることができますが、民田でも昔に思いをはせながら幽玄の光を楽しむことができます。
正月には、元服を迎えた長男を祝う伝統行事「三矢の儀式」が行われます。(写真:三矢の儀式)

お問い合わせ

教育委員会 教育振興課 社会教育室
業務時間:午前8時45分~午後5時30分
〒666-0292
兵庫県川辺郡猪名川町上野字北畑11-1
電話:072-767-2600
ファックス:072-766-8904
メールフォーム
いながわ歴史ウォーク

ライフステージで探す

  • 住宅・引越
  • 結婚・離婚
  • 就職・退職
  • 出産・育児
  • 入園・入学
  • 生涯学習
  • 高齢者・介護
  • おくやみ